経費削減−知識


経費の削減というと色々なものを思い浮かべると思います。家庭での経費削減ならば使わない時にはコンセントを抜くとか、お風呂の水を選択にも使う等がありますね。では、このような経費削減を会社などの企業や、役所などに置き換えてみるとどうでしょう。実はここでご紹介するのはこのような企業向けの経費削減についてなのです。会社など特に経営が厳しくなっている中小企業などにとって経費削減はまさに死活問題です。業績が下がっているのに経費は上がっているといったことも少なくありません。ここでは、会社にとっての経費削減とは一体どんなものがあるのかを取り上げ、ご紹介していきたいと考えています。まぁ、まず経費削減と言えば、リサイクルトナーを使用すると言うことがあげられますね。リサイクルトナーを使用することは、エコ活動をしつつ、経費削減にも繋がるまさに一石二鳥の行為なのです。このようなことから、最近ではリサイクルトナーを利用する会社も増えてきているようです。

 

経費削減の心構え

企業にとっての経費削減とはそれ自体が目的ではなく、利益向上のための手段だと心得ておきましょう。経費の削減をする目的はあくまで、会社の財務状況の改善なのです。このことを理解することは非常に重要なことで経費削減が成功しても会社の損益はそのままということにもなりかねません。まずは目的をしっかり理解するというところから始めましょう。

経費削減を掲げてはいるが、まったく効果が上がらないという企業に多いのが、経費削減という決定自体をトップの人だけで決めてしまっていて、他の社員には何の意見も求めず相談もしていないという場合です。このようなことでは社員に経費削減の意図が伝わらず、ただ節約しろといわれているだけになってしまうため、モチベーションも上がるわけがありません。まずは社員に経費削減の意図を伝え会社全体の総意として経費削減に取り組むことが重要なのです。

 

このような企業に多いのは経費削減ということ自体に社員が不満を持っていると考えてしまうことです。しかし、社員が不満に思っているのは経費削減に対してでなく、訳も分からず節約だ削減だといわれて経費削減を押しつけられていることなのです。事情を全社員に理解させた上で経費削減に取り組んでいきましょう。

経費削減チームを作ろう

まず前提として経費を削減しなくてはならないということは、会社のどこかに無駄が生じているということになります。それがどの場所かということを調べ出さなくてはなりません。

 

会社というのは生き物です。その周りは常に変化していて同じではありません。そのため昔は有効であった手段や投資が現在も有効であるとはいえません。しかしその変化は非常にゆっくりななため中にいる人たちにはわかりにくいのです。そのため無駄な経費を気がつかないうちに浪費しているということがあるわです。

 

これらの経費の浪費を防ぐためには、定期的に経費や業務を見直すことが必要となってきます。そうすれば無駄な経費はどこにあるのかがはっきり解るためそこの所を抑えれば経費削減となります。大手の会社など成功しているところはその辺をよく分かっているため、見直しのためのチームを編成して随時、業務や経費の無駄をチェックしています。多くの人材を裂く必要はありません、少数でもそのようなチームを作るだけで社員の意識が変わってきます。その際できれば、環境の変化を感じ取ることの出来る人材をチームにいれましょう。

recommend

オーディオ 買取
http://worldaudio.jp/
ネーム入り卒園記念品の販売
http://www.710kasa.jp/
合宿免許
https://www.shinshu-ina.com/
携帯 買取 横浜
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop2/
滑舌教室はこちら
http://www.voice-training.jp/

最終更新日:2016/10/17