経費削減−人件費1

経費削減で真っ先に思い浮かぶのが人件費の削減だと思います。社員は会社にとっての財産ですが、時にはただコストを生み出すだけということもあります。また、人件費を削減するということになってもどの部署から手をつけて良いのか解らないといいった問題もありますし、さらには事務の職員を派遣職員にしてみるという手もありますよね。社員は経営者を映す鏡です。使えない社員が多いと言うことは経営者自身のせいなのです。もしも大規模な人件費の削減が必要になってしまったら、そのような自体を招いてしまった経営者としての自分も考え直す必要なあるのかもしれません。 

派遣にたよらない経費削減

よく言われている事ですが、今日本は少子化に向かって突き進んでいます。ということは、未来を考えると仕事をする人間はどんどん少なくなってくると予想されるのです。これだけでも大変なのに、さらに深刻な事が予想されますね。それはお客さんの減少です。確かに今すぐに、お客様の数が変わるわけではありません。しかし、人口の減りはゆっくりと着実にあなたの会社の首を絞めていくことでしょう。売り上げを気にしないというならほおって置いてもかまいませんが、面倒くさがらずに早めに対処しておくに越したことはありません。では一体どうすればよいのでしょうか?

 

黙っていてもお客様は減ってくるのですから、同じお客様に何度も来て貰うしかありません。それにはあなたの会社でなければならない。という売りの部分を作らなければなりません。この時、一番に売りとて考えなくてはいけないのが人材の質なのです。いきなり会社としての技術を上げたり、業績をアップさせて新しい事業を展開させるのは無理がありますが、人材の質ならば、心崖1つで変えることが出来るのではないでしょうか?まずは、人間的な暖かさや、思いやりのある接客を心がけ、人材の質を上げていきましょう。安易に経費削減ができるからと、派遣会社に頼ったりするのではなく今いる人材を最大限に使うことを考えていくことが、長い意味では経費削減に繋がるのではないでしょうか。

社員に何を提供できるか

経費削減を進めようという中小企業に勤めている社員のみなさんは、どうしても大手などに比べると低賃金になってしまいます。そのため、モチベーションを保つのは難しく、どうしても仕事に大して意欲がもてずに手を抜いてしまう、ということになりがちです。しかし、雇っている経営者側からしても、苦しい資金繰りの中で給料を上げるというのは厳しいですし経費削減が急務という会社さんなどは社員のモチベーションまで考える余裕が無いというのが現実ではないかと思います。

 

しかし、人間というのはやりがいを見つけられなければ、腐っていくものです。お金は上げられないのですから社員には他のものを与えてモチベーションを上げて貰うしかありません。それではお金以外に一体何を与えればよいのでしょうか?それはズバリ楽しさです。社員に楽しく仕事をして貰えるように経営者は努力するべきなのです。例えば、ガチガチな規則を作ってその通りに動かすのではなく、1つの仕事を担当者に任せてみるとか、何かを決めるときは常に社員の意見を聞き、社員自身に決めさせるのです。経営者はいつも上から見ている立場なので、現場の細かい事情などはとうていわかりません。そのような社員の意見は実はとても貴重なものなのです。どうすれば良くなるのか、どこが間違っているのかを社員一人一人に考えさせ、選ばせることによってやりがいが生まれ、社員のモチベーションは上がっていくのです。

pickup

電動工具 買取

Last update:2017/11/9